嘘つき王女と隻腕の傭兵
 右腕が義手の傭兵ハルダーは、それを作った魔術師キシルの仲介で、ヴェンレイディール国の王女イフェリカに家族の墓探しの手伝いを依頼される。
 ヴェンレイディールは、ハルダーやキシルが暮らす国リューアティンと戦をして負けたばかり。リューアティンに併呑され、ヴェンレイディールの王族はイフェリカをのぞく全員が処刑されていた。リューアティンに留学中だったイフェリカは処刑はまぬがれたが、リューアティンに懸賞金をかけられていた。
 それを知っているハルダーは一度は断るが、キシルに弱みがあるため結局引き受けることに……。

最終更新日:2017/08/19
カクヨム小説家になろうでも公開しています(完結済)


プロローグ
プロローグ
第一章 亡国の王女と義手の傭兵
01 02 03 04
書庫 / HOME

(C) Nagasaka Danpi 2017