ライト

小説

挑戦状の理由 第一話03

 海を北側に臨み、東西に海岸線を広げるマスゾートには東港と西港、二つの主要な港がある。港には漁船や商船、輸送船などがひっきりなしに出入りをし、船から降ろされた荷やこれから輸送する荷を運んでくる荷馬車も数多い。そのため、港の近くには荷馬車の...
小説

挑戦状の理由 第一話02

 見慣れたはずの街並みが、今日ばかりはいつもと違って見えた。初めて訪れた街を見るように、顔と共に視線があちこちにせわしなく動く。そんな彼女に、隣を歩くハールズが、穏やかな笑みを向けた。 「緊張してるみたいだね」  落ち着きのないエナマーリ...
小説

挑戦状の理由 第一話01

 現状では少し心許ない、と雇い主であるテギが云い出したのは、出発の三日前の夜だった。 「妙な魔物が出るらしいし。攻撃系魔術の得意な術師がいる方が、安全度は上がるわね」  テギの言葉に最初に同意したのは、魔術師であるキルテアだった。彼女は攻...
タイトルとURLをコピーしました