SF

300字SS

あかときの8分19秒

 昼に白く輝き、夜は月を通して存在を知らしめる、人類最寄りの恒星。  目を細めても眩しすぎるその輝きは、8分19秒前のもの。今見えている太陽は、既に過去なのだ。  見えていても、それだけかの星は遠い。  有志が集まって打ち上げた太陽探査...
300字SS

種撒く人

「私の記憶に間違いなければ蒼藤の月一日。晴れ後雷雨。気持ちよく寝ていたら雷に起こされ、雨に見舞われる。昼寝を邪魔され不愉快だが、全身が洗えてすっきりできたので良しとする」  話しかけていた相手である黒く小さな種を、薄緑色の瓶に入れてしっか...
300字SS

もし目が覚めたら、夢の話をしよう

「私達はもう長くないけど、あなたは違う。あなたは私達では辿り着けない、遠い遠い未来へ行ける。だから、そこで伝えて。あなたを目覚めさせた存在に、私達のことを。この世界で起きたことを。私達が夢見た未来を」  それが、この目で見た最後の光景でし...
300字SS

失われた火/日を求めて

 黒くつるりとした水面に小さな波紋が生まれ、その中心から青く淡い光がゆっくりと現れる。光と波紋は見る間に数え切れないほど増え、湖が青く輝く。 「綺麗……」 「これが〈トゥレアの火〉だよ、ミラウ」  夕方になると餌を求めて飛び立つ小さな竜虫...
novelber

30.真っ白い

 事務所という名の狭い室内にあるのは、二台ずつ向かい合わせに並ぶ事務机と、壁際に寄せられた三人掛けの古ぼけたソファ、その前にあるローテーブル、雑多のものが詰まっている背の高いキャビネットくらいだ。  窓もない部屋で、壁の一面はキャビネット...
タイトルとURLをコピーしました