ファンタジー

300字SS

書き初め

 年が改まって最初の市は、毎年大賑わいだ。  今年一年の幸せを求めて、呪まじない師の店にも多くの客が訪れる。呪い師がその年初めて書く護符は、特に効果があるとされるのだ。  ゆえに人気の呪い師の店先には、書き初めの護符をもらおうと前の晩から...
小説

続・ぼくのサンタクロース

 その小さな島は、海岸の目と鼻の先にあった。島に渡るには舟を使うか、潮が引いたときにだけ現れる道を通るしかない。ただし、島自体が神域であるため、上陸できるのは許された者だけだ。  ただ、見咎める者のいない夜にこっそりと島に渡り、置きみやげ...
小説

ぼくのサンタクロース

 冬になると雪に閉ざされる北の国々と違い、南方の面影が濃いこの地方では、冬であっても氷が張ることさえ稀だ。吐く息が白くけぶるのは朝も早いうちだけのこと。日が、その姿をすべて現せば、たちまち白い息は光の中に溶かされ見えなくなる。師走となり、...
300字SS

見えざる手

 朝日が眩しい海岸を歩いていた時に、出会った。足がなくなった大きなクラゲが打ち上げられていると思ったが、違った。  迷子の宇宙人だった。  故郷へ帰るロケット作りを手伝う羽目になったのだが、色々な研究機関やマスコミ、動画配信者等に追いかけ...
300字SS

まがいの花

 師匠は魔法で生きものを本物そっくりに具現化できる。滅びた動植物や空想の生きるものまで、何でも。  師匠が手漉きした紙に師匠が調合したインクで、複雑な呪文と図形を繋げていく。 この日生み出したのは、遠い東国で春に咲くという花だった。木に咲...
タイトルとURLをコピーしました