コメディ

小説

執筆戦隊カケルンジャー

 ここに悩めるオンラインノベル愛読者が一人いる。私だ。  ノートパソコンにかじりつき、ブックマークのフォルダ『ラヴなサイト』に分類・最上位に登録し、尚かつ私の運営するラヴなファンタジー小説サイト『Wonder West Wind』のリンク...
小説

変わらない二人の結末 05

コントラルトは愛用の剣の柄を握りしめ、大地に足を踏ん張り立っていた。わずかに震える彼女の手を見て、決戦前の武者震いかと思う者もいたかもしれないが、あいにくそうではなかった。 「なんだ、この騒ぎは……」
小説

変わらない二人の結末 04

同じ森を見ながら、遡った先が同じ過去ではなかったからなのか、あるいは他人事のように淡々としていたからなのか分からない。しかし、コントラルトはオイセルストの思わぬ一言に、ただ驚いて彼を見返すことしかできなかった。
小説

変わらない二人の結末 03

「急いで準備をしなくちゃいけないわね。そうだ、占術師を呼んで、縁起の良い日を占ってもらって。それから、招待状も作って、花嫁衣装はどの仕立屋に頼もうかしら……ああ、でもその前に、会場はどこが良いかしら。ねえ、あなた?」
小説

変わらない二人の結末 02

「コントラルト」  悄然と去っていく決闘の相手とは対照的に、オイセルストは喜色を浮かべコントラルトの方へと身をひるがえす。  昼下がりの決闘を見ようと集まっていた人垣の環は、少しずつ形を崩していく。しかしコントラルトは決闘が始まる前に立っ...
タイトルとURLをコピーしました