異世界ファンタジー

小説

挑戦状の理由 最終話01

「それで、キルテアさんに相談したんです。そしたら、ガランさんのことが気になっているから、そんな気持ちになるんだと云われて」  自分のことだというのに、エナマーリエはまるで他人事のようである。 「ようやく、わたしはガランさんのことが好きかも...
小説

挑戦状の理由 第三話03

 日没の少し前に辿り着いたコンスキン商会を、ダッロの人々は驚きつつも歓迎してくれた。塩を運んできたと知った彼らは、ますます驚き、それ以上に喜んでいた。涙を流す人もいたほどである。それほど、ダッロは塩に飢えていたのだ。誰かが呼んできたのか、...
小説

挑戦状の理由 第三話02

 魔物の群は、まだ周回を続けている。包囲網を狭めてきているのは目に見えて明らかだった。さっきまでエナマーリエの間合いの二倍以上は離れていたのが、ガランたちの間合いギリギリのところまで近付いてきている。  荷馬車の後部に移動したままのエナマ...
小説

挑戦状の理由 第三話01

 初日にいきなり魔物の襲撃を受けたけれど、それ以降の道のりは何事もなくいたって平穏だった。日に日に秋が深まるのと同時に山の奥へと進んでいくのだから、いっそう秋の匂いは濃くなっていた。  ハナハ峠に向かう道はなだらかな上り坂で、このあたりま...
小説

挑戦状の理由 第二話03

 少し広めの空き地を道端に見つけた一行は、そこを今晩の野営地とすることにした。  エナマーリエがハールズと二人で薪を拾い集めている間に、ほかの四人が野営の準備をしていた。薪を抱えたエナマーリエたちが皆のところへ戻ってくると、ガランとセフリ...
タイトルとURLをコピーしました