300字SS

300字SS

インク職人は忙しい

 インク職人の朝は早く、夜は遅い。  客である魔法使いたちの要求は様々なのだ。朝露を集め、新月の夜に採るべしとされる薬草を探さねばならない。  昼は調合と接客、材料集めも欠かせない。  インク職人は忙しい。  魔法使い達は魔術書に呪符に、...
300字SS

火星ライブラリー

 彼女の背丈よりうんと高い本棚の下の方はぎっしりでも、上になるほど少なくなる。 「火星に図書館を作りたかったんだ」  彼女が館長と呼んでいるその人は、火星入植団の第一世代。昔は館長が高いところの本を取ってくれたが、今では彼女が館長に代わっ...
300字SS

余り物の魔法遣い

 魔法遣いは世界の様々な事象に干渉するために呪文を唱え、文字や文様として刻む。  完璧に唱えられた呪文、正しく綴られた文字、美しく施された文様――だが、魔法遣いも所詮人間だ。一分の隙もない完璧や正しさは存在しない。不完全な魔法からは、完全...
300字SS

昔話は語られない

 島にはかつて竜が一匹いた。その竜が異界の侵略者を退けていたので、崇められていたという。  その竜には番である魔女がいた。その絆は強く、魔女は竜をよく助け、竜と共に島を守っていた。  だが今は、竜も魔女もいない。  いや、魔女はいる。しか...
タイトルとURLをコピーしました